最適化されたゲーム実況用のおすすめPCリスト

目次

ゲーム実況で重視するPCスペックの基準

ゲーム実況で重視するPCスペックの基準

プロセッサのセレクション ゲーム実況に最適なCPU

ゲーム実況では画面に映し出されるアクションやリアクションをスムーズに配信するために、パワフルなプロセッサが必須です。

優れたCPUは、高いクロック速度と複数のコアを有し、複雑なゲームの計算処理と同時に、エンコードやストリーミングのタスクを効率的にこなします。

市場には様々なメーカーやモデルのCPUがありますが、ゲーム実況に最適なのは、高いマルチスレッド性能を持つプロセッサです。

インテルのCore i7以上や、AMDのRyzen 7シリーズなどが、ゲーム実況における推奨スペックとして広く認知されています。

これらのCPUは、高解像度や高フレームレートでのゲームプレイを円滑に処理し、視聴者に滑らかな視聴体験を提供するのに役立ちます。

さらに、オーバークロック機能を持つモデルを選べば、将来的な性能要求の増加にも対応可能です。

一方で、冷却システムの整った環境を整えることは、性能の持続性を確保するうえで欠かせません。

熱問題を未然に防ぎ、安定したパフォーマンスを提供するCPUを選ぶことが、ゲーム実況のクオリティを高める重要な要素となります。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41400 2426 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41349 2366 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41349 2366 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38803 2085 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38727 2056 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35707 2242 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35707 2242 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33948 2216 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33948 2216 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32715 2110 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32715 2110 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29417 2047 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 29014 1977 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27186 2052 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24776 2111 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24776 2111 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22199 1957 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20476 2023 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19614 1944 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17829 1823 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16135 1784 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16135 1784 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15373 1989 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9125 1753 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9125 1753 公式 価格

ゲームプレイにおけるグラフィックカードの選択肢

ストリーミングや録画を行うゲーム実況において、画面の美しさや滑らかさは視聴者に大きな影響を与えます。

その中心となるのがグラフィックカードです。

高解像度でのプレイや、最新タイトルの高いグラフィック要求に応えるためには、強力なGPUの搭載が不可欠です。

NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズは、4Kの解像度でのゲームプレイや、リアルタイムレイトレーシングを使った映画のようなグラフィックを実現させる能力を持っています。

これらのカードは、エンコード性能にも優れており、ゲームプレイの負荷が高い中でも実況のストリームをスムーズに送出できるように設計されています。

特にNVIDIAの新しいNVENCエンコーダーは、高効率で高品質なストリーミングが可能で、これを求める実況者にとって最適な選択と言えるでしょう。

また、AMDのカードには、同等のAMDエンコード技術が搭載されており、低遅延でクリアな画質を提供します。

しかし、高機能なグラフィックカードを選ぶ際には価格も考慮する必要があります。

コストパフォーマンスに優れたミドルレンジのカードでも、ほとんどのゲームを十分にサポートし、多くの視聴者を満足させる実況が可能です。

ここで大切なのは、現在プレイするゲームはもちろん、将来的にも対応できるように見通しを持って選ぶことです。

総じて、ゲーム実況を円滑に行うためには、現在の自身のニーズはもちろんのこと、将来的な展望をも踏まえた上で、グラフィックカードの選択を行うべきです。

それが高品質な実況を持続させ、視聴者に対して最善の体験を提供することにつながります。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36350 74359 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30228 73652 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29270 68547 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26292 67723 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23842 55821 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 20020 50639 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19328 51289 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 18054 46027 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 17070 42581 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13524 34719 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13523 35170 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13406 34535 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12523 30476 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10877 31840 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10705 28673 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10696 27588 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7370 19682 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6301 16093 130W 公式 価格

メモリーとストレージ 快適な実況環境のための容量と速度

ゲーム実況で重視するPCスペックの基準として、メモリーとストレージの容量と速度は実況プレイヤーにとっての息吹ともいえます。

高いパフォーマンスを維持しながら、長時間のプレイにも耐え得る快適な動作環境の提供が不可欠です。

ゲーム実況においては、特にメモリーは最低限16GB以上を推奨します。

これにより複数のアプリケーションを同時にスムーズに扱うことができ、ストリーミングソフトウェアやゲーム本体、さらにはウェブブラウザやチャットアプリケーションなどを快適に運用することが可能になります。

また、ストレージに関しては、ゲームデータや録画した映像の保存に必要な大容量が求められますが、その働きはそれだけにとどまりません。

SSDを採用することで、読み書き速度が大幅に向上し、ゲームのロード時間の短縮や、実況中の映像データの素早い処理が可能になるのです。

そうすることで、視聴者にとってもさらに快適な視聴体験が提供できます。

ゲーム実況者が目指すべきは、配信内容だけでなく、その配信を支える技術的な基盤の充実です。

応答速度が高く、容量にゆとりがあるPC環境を整えることは、プレイヤーと視聴者双方に利益をもたらし、実況プレイのクオリティを高める一助となるでしょう。

理想的な実況環境を追求することで、唯一無二の配信を実現し、多くの視聴者を魅了することができるのです。

ストリーミング最適化のためのPC構築ガイド

ストリーミング最適化のためのPC構築ガイド

ゲーム実況向けの冷却システムの選び方

ゲーム実況における熱はパフォーマンスの大敵ですが、冷却システムを選ぶ際にはしっかりとした知識が必須となります。

まず重要なのは、高性能なエアクーリングファンや水冷システムを検討することです。

エアクーリングは低コストでありながら、適切なエアフローを確保できれば十分冷やすことができます。

それに対し水冷システムはより高効率で静音性に優れ、強力な冷却性能が求められるハイエンドPCに適しています。

冷却システムを選ぶ際には、ケース内のスペースを考慮して適切なサイズや形状を選び、またゲーム実況中の負荷を予測して、CPUやGPUを安定した温度でキープできる性能を持つものを選ぶことが大切です。

オーバークロックを考えているなら、さらに余裕をもった冷却性能を備えたシステムを選択する必要があります。

さらに、冷却パーツ選びは見た目にも注目です。

RGBライティング搭載モデルを選べば、実況配信の映像に彩りを加えることができます。

ただし、パフォーマンスと静音性は最優先事項であるため、従来の見た目を重視するよりも、それらを実現するための機能を重視するべきです。

適切な冷却システムを選ぶことで、長時間にわたるゲーム実況でもPCの温度を適正に保ち、最高のパフォーマンスを維持することが可能になります。

平和で涼しい環境をキープするため、冷却システムの選択は慎重に行われるべきです。

これにより、視聴者に最高の実況体験を提供し、ストリーマーとしての信頼を築くことに繋がります。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

低遅延で実況するためのネットワーク設定

ゲーム実況における低遅延は、視聴者に快適な観戦体験を提供するために不可欠です。

特にライブストリーミングでは、ゲームプレイと実況がシームレスに同期することが求められます。

この目的を達成するために、ネットワーク設定は大きな鍵を握っています。

利用するインターネット接続は、安定した高速の回線が望ましいです。

有線LAN接続を選択することで、Wi-Fi接続時に生じがちな信号の妨害や不安定さを排除し、信頼性の高い通信環境を確保できます。

加えて、ルーターのQoS(Quality of Service)設定を活用することで、ゲーム実況に必要なデータの優先通過を設定できます。

これにより、他のネットワーク使用が発生しても、実況のストリームに影響を与えにくくなります。

また、ストリーミングソフトウェアのビットレート設定は、使用する帯域幅と直接関係しているため、アップロード速度を鑑みた上で適切に調整することが不可欠です。

さらに、ストリームを配信するサーバー選択も忘れてはいけません。

配信サービス内で最も応答時間が短いサーバーを選ぶことで、遅延を最小限に抑えることが可能になります。

これらの工夫を凝らし、適切にネットワークの設定を行うことで、視聴者に対して滑らかな実況体験を提供することができるのです。

ゲーム実況において、これらの細部にまで目を配ることが、高品質なコンテンツ作りとファンの心を掴む重要な要素となります。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z50A

パソコンショップSEVEN ZEFT Z50A
【ZEFT Z50A スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4080 Super (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6600Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z50A

パソコンショップSEVEN ZEFT R58C

パソコンショップSEVEN ZEFT R58C

ゲームも仕事もこの一台で! 高性能ゲーミングPC、快適プレイと創造性を極限まで引き出します
均整の取れた強力なスペック――鮮烈なパフォーマンスを誇る、あらゆるタスクに対応
エレガントながら力強いデザインのMasterBoxケース、デスクトップに洗練を
Ryzen 9 7900X、究極のマルチタスク実現、プロレベルの要求に応えるプロセッサ

【ZEFT R58C スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースクーラーマスター MasterBox CM694
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R58C

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AB

プロのアリーナを征服する、ソリッドミドルクラスゲーミングPC
スムーズなパフォーマンスと応答速度!バランスが命のスペック構成
エレガントな白、NZXT H6 Flowで鮮烈なデザインアピール
最新の戦術を駆使するCore i5 14400F、スピードと力を合わせ持つ

【ZEFT Z48AB スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6600Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6600Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z48AB

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z51B
【ZEFT Z51B スペック】
CPUIntel Core i9 14900KS 24コア/32スレッド 5.60GHz(ブースト)/3.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR4 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースFractal North ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z51B

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52BP

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52BP
【ZEFT Z52BP スペック】
CPUIntel Core i7 14700K 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52BP

長時間の配信でも安定する電源ユニット(PSU)選び

ゲーム実況を長時間行う上で、しばしば見過ごされがちながらも、そのパフォーマンスを左右する重要な要素が電源ユニット(PSU)選びです。

安定したストリーミングというのは、単に高性能なプロセッサやグラフィックカードだけでは成り立ちません。

長時間の配信はシステムに常に高負荷をかけ続けるため、絶え間ない電力供給が求められます。

そのためには、信頼性の高い電源ユニットが不可欠なのです。

耐久性に優れ、効率的な電力変換を実現する80 PLUS認証を受けたPSUを選択することが、配信者にとって第一のステップとなります。

この認証は、省エネを果たしつつ電源の無駄遣いを減らすことを保証し、むやみに電気代を消費することなく長時間の使用に堪え得る品質を意味しています。

加えて、出力容量を適切にチョイスすることも肝心です。

全体のシステム要求に余裕を持たせたワット数を選ぶと、変動する負荷に対して余裕を持って対応でき、予期せぬシャットダウンや不安定な動作を防止することが出来ます。

さらに、モジュラー式の配線が可能なPSUを選べば、使用しないケーブルを除去し、ケース内の通風を改善することで、システム全体の温度を下げることが可能になります。

これにより、過熱による性能低下やトラブルのリスクが減少し、スムーズなストリーミングを続けることができるのです。

したがって、ゲーム実況のPCを組む際には、これらのポイントを踏まえて電源ユニットを選定することが、結果として長時間の配信を支える最も確実な根幹となります。

高い信頼性、適切な出力容量、そしてシステムの冷却効率を最大化する機能を兼ね備えたPSUは、実況者にとっての心強い味方と言えるでしょう。

おすすめゲーム実況用PC 予算別セレクション

おすすめゲーム実況用PC 予算別セレクション

入門レベル コストパフォーマンスに優れたPCモデル

ゲーム実況を始めるなら、コストパフォーマンスに優れたPC選びが肝心です。

入門レベルでは、まずは手ごろな価格で十分な性能を備えたモデルを選びましょう。

要求される性能面では、中級グラフィックカードとして定評のあるNVIDIAのRTXシリーズやAMDのRXシリーズが搭載され、快適なフレームレートでのゲームプレイが可能です。

また、最新のゲームにも対応できるよう、第10世代以上のCore i5プロセッサやRyzen 5を搭載していることが望ましいです。

さらに、ゲーム実況では複数のアプリケーションを同時に動かすことも考えられるため、最低でも8GBのRAMは確保しておきたいところです。

ストリーミングに必要なエンコード作業を快適に行うためには、高速なSSDの搭載も重要です。

1TB以上のSSDがあれば、OSと主要なゲームを快適に動かすことが可能であり、追加で2TB以上のHDDを備えれば、大容量のデータ保存にも対応できます。

そして、長時間の使用に備えた冷却システムの整ったケースや、ゲーム実況の映像をより鮮明にするディスプレイ出力端子が備わっていることも見逃せません。

このように構成されたゲーム実況用PCは、ライブストリーミング初心者が最初の一歩を踏み出す際の理想的なパートナーとなるでしょう。

将来的にはより高性能な機材へのステップアップを考えるかもしれませんが、予算に応じた賢い選択はゲーム実況の道を切り開くための基盤となるのです。

中級者向け より高度な実況に対応するPC選び

中級者向けのゲーム実況用PCを選ぶ際に最重要視すべきは、安定したパフォーマンスと高画質なストリーミング能力です。

ここでお勧めするマシンは、具体的には、第10世代以上のインテルCore i7またはAMD Ryzen 7以上のプロセッサー、16GB以上のRAM、そしてRTX4060やAMD Radeon RX 7700 XTなどのミッドレンジのグラフィックカードを搭載したもので、これにより多くのゲームを高解像度で滑らかに実行しながら、ストリーム配信することが可能です。

またストレージは、SSDを推奨します。

素早い読み書き速度によってゲームのロード時間を短縮し、実況中の待機時間を減らすことができます。

500GB以上のSSDを搭載していれば、必要なソフトウェアをインストールし、複数のゲームを保存しておくのにも十分です。

さらに、ライブストリーミングの品質を上げるためには、推奨される仕様だけでなく、十分な冷却システムも考慮に入れる必要があります。

熱を適切に管理することで、長時間の使用でもPCの性能を最大限に引き出し続けることができます。

音声のクリアさも、視聴者の視聴体験を向上させるためには欠かせません。

内蔵マイクを持つ高品質なヘッドセットまたは専用のスタンドマイクを検討し、明瞭なコミュニケーションを確保することが推奨されます。

このように、中級者向けゲーム実況用PCは、安定した高性能とライブストリーミング向けの細やかな機能を兼ね備え、視聴者に快適な視聴体験を提供するための品質に注目して選びましょう。


プロ対応 最上位レベルのゲーム実況専用機

ゲーム実況の世界では、最上位レベルのゲーム実況専用機が求められることがしばしばあります。

プロのゲーマーやストリーマーは、フレームレートの低下や遅延などの問題を許容できないため、高性能なPCが必須です。

そこで、高い解像度での配信や複数のタスクを同時にこなせるよう、多核プロセッサや高速なグラフィックカードを搭載したPCがおすすめです。

さらに、ストリームの品質を保つためには、豊富なRAMとSSDの速度も重要な要素です。

特に、大容量のSSDはゲームの読み込み時間を短縮し、ゲームプレイ中のストレスを減らす効果が期待できます。

また、ライブ配信時のマルチタスク性能を向上させるために、最新のマザーボードと強化された冷却システムが組み込まれているPCも良い選択肢となります。

実況中の音声品質も見逃せません。

クリアな音声入力を実現するためには、ノイズキャンセリング機能を備えたマイクや高品質なオーディオインターフェースが必要です。

優れたゲーム実況用のPCはこれらの要素を全て兼ね備えており、プロレベルの演出を可能にします。

結果として、高額ではあるものの、プロ対応の最上位レベルのゲーム実況専用機は、こうした様々なニーズに応えることができる機材であり、ゲーム実況を高品質で快適に行うための確かな投資といえるでしょう。

そのため、こだわりのあるゲーム実況者にとっては、これらの要素を満たしたPCの選択は、そのパフォーマンスを大きく左右する決定的な要素となります。

カスタムPCとプリビルトPCのメリット・デメリット

カスタムPCとプリビルトPCのメリット・デメリット

自分で組むカスタムPCの魅力

カスタムPCの魅力は、まさに自由度の高さにあります。

ゲーム実況に最適化されたマシンをつくるにあたり、必要なスペックや機能を自ら選定し、最も適した部品を一つひとつ選び出せる点が最大の利点です。

例えば、高速なグラフィックカードやプロセッサ、充分な容量のRAMやSSDといった重要なコンポーネントは、ゲームのパフォーマンスを左右します。

これらの部品を自身の予算やニーズに応じて選択し、理想的なゲーミング環境を実現できるのです。

さらに、カスタムPCでは冷却システムまでカスタマイズでき、オーバークロックのような高度な調整を施すことも可能です。

高負荷時でも安定したパフォーマンスを保つために、高品質なファンや水冷システムを選ぶことも、カスタムPCが提供する自由な世界の一端を表しています。

また、将来的なアップグレードが容易な点も見逃せません。

新しい技術やより強力な部品が登場した際にも、最小限の部品交換で済むため、長期的に見てコストパフォーマンスにも優れています。

ゲーム実況用のPCとしてカスタムPCを選ぶことは、個性的なセットアップを実現し、エンドユーザーに最適な体験をもたらすことに他なりません。

ビスポークのスーツのように、ピッタリと自分の要望に合わせて仕立てられたPCは、まさにゲーマーにとっての夢のような存在なのです。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT R52A-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52A-Cube

高性能かつ多機能、プロフェッショナルの心を掴むゲーミングPC
熱い戦いを支えるバランス良好な高性能、快適プレイのミドルグレード
省スペースでお洒落なクリアパネル、どんな空間にも馴染むコンパクト設計のマシン
最新かつ強力、Ryzen 9がもたらす圧倒的な処理スピードのゲーミングPC

【ZEFT R52A-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900X 12コア/24スレッド 5.60GHz(ブースト)/4.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster NR200P MAX
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52A-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

高性能ゲーミングPC、究極の戦闘力を低ラグで制御するマシン
32GBのRGBメモリが煌く、均整の取れた超速スペック搭載
透明なサイドパネルで光る内部、スタイリッシュなホワイトケース
Ryzen 9の力強いパフォーマンスであらゆるタスクを滑らか処理

【ZEFT R54B スペック】
CPUAMD Ryzen9 7900 12コア/24スレッド 5.40GHz(ブースト)/3.70GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Gskill製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ホワイト
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R54B

パソコンショップSEVEN ZEFT R53I

パソコンショップSEVEN ZEFT R53I

ゲームも仕事もサクサク、革新のパワーを纏うミドルレベルゲーミングPC
RyzenとRTXの最強コンビで次世代パフォーマンスを余すことなく展開
みせる楽しさも創る、透明パネルのシックなミドルタワーケース
Ryzen 7の新次元スピードで、大胆不敵な挑戦を可能に

【ZEFT R53I スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53I

パソコンショップSEVEN ZEFT R58BG

パソコンショップSEVEN ZEFT R58BG

頂点を極めるゲーマーへ、このアドバンスドマシンが熱い戦いを支える
RTX 4070 Super搭載、驚異のグラフィック性能と均整の取れた32GBメモリが鍵
Silent and Sleek、Silencio S600で快適な静寂とスタイリッシュな佇まいを両立
Ryzen 5 7600、最新コアパワーであらゆるタスクを軽快に処理

【ZEFT R58BG スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCoolerMaster Silencio S600
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R58BG

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DC

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DC

パワフルなゲーミングPC、本格派のミドルグレード、戦略的勝利の片腕
高速32GBメモリと最新SSDで、スムーズなゲームプレイと快適な作業性を両立
クールな見た目のCorsair Airflowケース、クリアなサイドで眺めるPCの心臓部
Ryzen 5 7600は、最新のパフォーマンスをお手頃価格で提供

【ZEFT R56DC スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DC

手軽さが嬉しいプリビルトPCの利点

ゲーム実況においてプリビルトPCの利点といえば、その手軽さが最大の魅力です。

購入後、箱から取り出すだけで直ちに使用可能な状態であるため、PCの知識が乏しい方や、設定に時間を割きたくない方にとってはこの上ない利便性をもたらします。

高性能な部品が予め組み込まれたモデルが多く、ゲーム実況に必要な処理能力も十分に備えているため、ストレスなく快適な配信を行うことができます。

さらに、プリビルトPCはメーカーによる保証が付随している場合が多く、万が一の故障やトラブルにも迅速に対応してくれる点も見逃せません。

初期不良はもちろん、部品の経年劣化による問題が起きた際も、専門のサポートが得られるのは心強いです。

ハードウェアの互換性に頭を悩ませることなく、専門家によるアフターサービスを利用できるため、安心してゲーム実況に集中できます。

さらに、プリビルトPCはデザイン性にも優れていることが多く、スタイリッシュな見た目でゲーム実況のセットアップを彩ります。

配信者の個性を演出する要素としても非常に効果的です。

手軽さ、信頼性、デザイン性を兼ね備えるプリビルトPCは、ゲーム実況を行う方々の強い味方であると言えるでしょう。

性能と予算のバランスを考える

ゲーム実況のためのPC選びでは、カスタムPCとプリビルトPCのどちらを選ぶかが重要な判断ポイントです。

高度なカスタマイズ性を有するカスタムPCは、特定のゲームや配信スタイルに合わせて部品を選択できるため、性能を最大限に引き出せます。

一方で予算管理もしやすいため、通常はコストパフォーマンスの高い構成を選択することが可能でしょう。

しかし、カスタムPCは基本的なPC知識や組み立て能力を要求されるケースが多いです。

そのため、ゲーム実況をこれから始める方やPCに精通していない方では、プリビルトPCが一つの有力な選択肢になります。

プリビルトPCは専門のメーカーがあらかじめ構成したPCであり、届いたその日からすぐにゲーム実況を始めることができる手軽さが魅力です。

とはいえ、プリビルトPCはカスタムPCに比べるとアップグレードが限定的になることが多く、また、コストが高めに設定されがちです。

長期的な拡張性や独自性を重視するならばカスタムPC、即戦力と使いやすさを優先するならばプリビルトPCが適していると言えるでしょう。

結局のところ、ゲーム実況者として求められるのは、快適にゲームをプレイしながら配信が可能な環境を整えることです。

自身の予算範囲内で最も効果的な投資を行い、視聴者に最良のエンターテイメントを提供するためには、性能と予算のバランスを考慮したPC選びが必至です。

それぞれの利点と制約を見極め、ゲーム実況において最適なマシンを手に入れることが成功への鍵と言えるでしょう。

ゲーム実況向けPCアクセサリの選び方

ゲーム実況向けPCアクセサリの選び方

実況配信に適したマイクとオーディオインターフェイス

ゲーム実況は単なるプレイ画面を伝えるだけではなく、視聴者に対するコミュニケーションが非常に重要になります。

そのためには高品質な音声を確保する必要があり、実況配信に適したマイクの選び方がカギを握ります。

優れたゲーム実況用マイクは、クリアでノイズの少ない音声を拾い、本人の声だけを際立たせることができます。

そこで特に注目したいのが、指向性を持つコンデンサーマイクです。

周囲の不要な音を拾いにくく、細かい音質の調整が可能であるため、実況配信で高い品質を保ちたい場合には最適です。

また、マイクだけではなく、オーディオインターフェイスも非常に大切です。

オーディオインターフェイスはマイクからのアナログ信号をデジタル信号に変換し、PCへクリアな音声データを送信する役割を担います。

ゲーム実況を行なう上で忘れてはならないのが、遅延なくスムーズな音声を配信することです。

そのためには、低レイテンシで安定した性能を持つオーディオインターフェイスを選択することが欠かせません。

さらに、音量やトーンの調整機能付きのモデルを選ぶことで、よりプロフェッショナルな音声配信が可能となります。

以上のポイントを踏まえると、視聴者に快適な視聴体験を提供できるゲーム実況が行えるでしょう。

各配信者の個性を十分に生かすためにも、自分の声質や配信内容に合ったマイクとオーディオインターフェイスを見極めることが、より印象的なゲーム実況へとつながるのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AF

ハイパフォーマンスと快適なユーザー体験を追求するアドバンスドグレードのゲーミングPC
大容量128GBメモリと最新Core i7で、シームレスなマルチタスクと迅速なレスポンスを実現
クリアパネルでキラめくRGB、ミドルタワーが醸し出す圧倒的な存在感
最新のCore i7-14700Fで、あらゆる作業を高速処理

【ZEFT Z47AF スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ128GB DDR4 (32GB x4枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースDeepCool CH510 ホワイト
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 80Plus BRONZE認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AF

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52E

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52E
【ZEFT Z52E スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6800Gbps Crucial製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52E

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBT

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBT

16GB DDR5でパワーアップを実現したアドバンスドグレードのゲーミングPC
均整の取れたスペックでハイレベルなゲームも快適に制覇
省スペースを極めたコンパクトケース、設置場所を選ばないスマートデザイン
心強いパートナー、Core i5 14400Fがプレイを支える

【ZEFT Z45DBT スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 ROG Strix B760-I GAMING WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DBT

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52P

パソコンショップSEVEN ZEFT Z52P
【ZEFT Z52P スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR5 (16GB x1枚 Micron製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z52P

反応速度がカギ ゲーマー用キーボード&マウス

ゲーマー用キーボードとマウスは、ゲーム実況において反応速度を高めるための重要なアクセサリです。

一瞬の遅れが致命的である熱戦の中で、これらのデバイスが提供する高速な応答性と正確なコントロールは、実況者が視聴者に鮮やかなプレイを示す上で不可欠と言えるでしょう。

なぜなら、キーボードでは、なめらかなキーストロークとアクチュエーションポイントが低いメカニカルスイッチが、ゲーム中の様々なコマンドを一瞬で反応させることを可能にします。

また、耐久性も重要で、長時間の使用に耐えうる堅牢な作りが求められます。

マウスにおいても、高DPI設定やカスタマイズ可能なボタン配置、そして快適なグリップが、高度な操作精度を保証する要素となります。

さらに、ゲーム実況に最適なマウスは、迅速な動作変更が要求されるシーンでの滑らかなトラッキングを提供し、細かな動きも正確に捉える能力が強い味方になります。

ライトアップ機能やエルゴノミクスデザインも実況者の個性を際立たせると同時に、長時間の実況でも疲れにくい快適な使用感をもたらします。

これらの特性に注目することで、ゲーム実況向けPCアクセサリを選ぶ際の大切なポイントが明確になり、プレイヤーごとのニーズに応じた最適な選択が可能です。

最終的に、それぞれのデバイスは実況者のスキルとシームレスに連動し、視聴者に忘れがたいゲーム体験を届けることに貢献するのです。

視聴者への配慮 ウェブカメラと照明のセットアップ

ゲーム実況をする上で、ただゲームのプレイ画面を配信するだけでは不十分です。

視聴者の満足度を向上させるためには、ウェブカメラと照明のセットアップが非常に重要になります。

適切なウェブカメラを用意することで、表情やリアクションをとらえ、ゲームの喜びや失敗をよりダイナミックに伝えることができ、視聴者との一体感を生み出します。

さらに、照明はウェブカメラの映像クオリティに大きく貢献します。

彩度が落ちない自然な色合いと、シャドウを適切にコントロールすることで、クリアで魅力的な映像が得られるでしょう。

照明の配置には多くの工夫が求められますが、主光源と補助光源を適切に配し、反射や乱反射を避けることで、顔色を健康的に見せ、表情が読み取りやすい環境を整えることができます。

これらのアクセサリのセットアップには、視聴者が心地良いと感じるような、落ち着きのある配色と、配信者の顔が際立つような照明のバランスが重要です。

明るく清潔感のある映像は、長時間の視聴にも疲れが来にくく、快適な視聴体験を提供します。

ゲーム実況をより深く楽しむためのウェブカメラと照明の設定は、結果的にチャンネルの成功へとつながることでしょう。


ゲーム実況のためのソフトウェアと設定

ゲーム実況のためのソフトウェアと設定

ストリーミングソフトの選択 OBS Studio VS XSplit

ゲーム実況のクオリティを決定付ける重要な要素にストリーミングソフトの選択があります。

ここでは、現在広く利用されているOBS StudioとXSplitの二大巨頭に焦点を当て、それぞれの特徴を解説します。

OBS Studioはオープンソースで利用可能なため、無償で強力な機能を手に入れることができます。

カスタマイズ性に優れ、多くのプラグインによって機能を拡張できる点が大きなメリットです。

複雑なシーンの構成やオーディオミキシングも柔軟に対応できるため、個性的な配信を目指す実況者にぴったりです。

一方、XSplitはよりシンプルで直感的なインターフェースを提供しています。

初心者でも簡単に操作できる点や、高度な配信設定を事前にプリセットとして用意しているため、素早くゲーム実況をスタートできます。

また、有料版では高品質な配信が可能となり、様々なストリーミングサービスとの統合オプションが含まれるなど、プロフェッショナルなニーズにも応える機能を持っています。

最高のゲーム実況を目指す際には、OBS Studioのカスタマイズの深さと、XSplitの利便性とプロフェッショナルな配信能力のどちらが自分のスタイルにマッチするかを慎重に検討する必要があります。

それぞれのソフトウェアは異なる強みを持ち、実況者が表現したい内容やシーンに合わせて選択することが重要です。

ゲーム実況をさらに洗練させるために、自分にとって最適なストリーミングソフトを選んでください。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

画質と配信のバランス ビデオエンコード設定の基礎

ゲーム実況を行う上で、画質は視聴者の満足度を大きく左右しますが、それを実現するためには適切なビデオエンコード設定が不可欠です。

エンコードとは、動画のデータを圧縮し、インターネットを介してスムーズに配信するための処理のことです。

高画質で配信するためには、高いビットレートでエンコードする必要がありますが、これが高過ぎると視聴者の再生環境によっては途切れや遅延を引き起こすリスクがあります。

配信の安定性と画質の両立を図るためには、自身のインターネット環境やPC性能を考慮したビットレート設定が求められます。

一般的に、1080pの高画質配信を目指す場合、ビットレートは5000~6000kbpsが理想とされています。

しかし、これはあくまで目安であり、最終的には配信者の環境に合わせた調整が必用です。

さらに、配信ソフトウェアにおけるエンコーダーの選択も重要です。

例えば、NVIDIAのNVENCやAMDのVCEはハードウェアエンコーダーを利用し、高画質ながらもCPUへの負荷を抑えた配信が可能です。

一方で、x264といったソフトウェアエンコーダーはよりきめ細やかな画質設定が可能ですが、その分CPUへの負荷が大きくなります。

エンコーダーの選択やビットレートの設定は、視聴者に快適な視聴体験を提供し、配信者自身のPCが長時間の配信でも安定して性能を発揮するために欠かせない要素です。

これらの設定に関しては、何度も試行錯誤し、最適なバランスを見つけていくプロセスが重要となるでしょう。

視聴者とのコミュニケーション強化のためのプラグイン

ゲーム実況の魅力を高める要素の一つに、視聴者との直接的なコミュニケーションがあります。

実況者がただゲームをプレイするだけでなく、視聴者とのやりとりを通じて共感や楽しい雰囲気を創り出すことが、視聴者を引き込むポイントです。

この観点から、視聴者とのコミュニケーションを深めるためのプラグインには、チャットやコメント機能を活性化するためのツールが欠かせません。

例えば、リアルタイムでのコメントフィードバックを可視化し、視聴者からの反応を即座にゲーム画面上に表示するプラグインは、実況者と視聴者との距離を縮める効果があります。

また、投票やアンケートといったインタラクティブな要素を取り入れることで、視聴者の参加意欲を高めることができます。

これらのプラグインは、視聴者が自分の意見や反応が実況者に直接届いていると感じることで、より活発なコミュニケーションへと導いてくれます。

さらに、視聴者が特定の単語や絵文字を使うことで画面上にエフェクトが発生するようなプラグインもあります。

このように視覚的にも楽しませることができると、ただ見ているだけではなく、積極的に実況に参加しているという感覚を視聴者に提供します。

これらのプラグインを適切に選び、カスタマイズすることが、ゲーム実況をただの配信から、視聴者が積極的に関わりたくなるインタラクティブな体験へと変化させる鍵となるのです。

ゲーム実況者におすすめのPCブランドとモデル

ゲーム実況者におすすめのPCブランドとモデル

高性能で信頼性の高いPCメーカー

ゲーム実況の世界では、高性能なパソコンが成功のカギを握ることは言うまでもありません。

実況者が必要とするのは、圧倒的な処理速度、安定したパフォーマンス、そして長時間の使用に耐えうる信頼性。

そんな要求に応える一流のPCメーカーとして、まず挙げられるのがAlienwareです。

彼らの製品は、ゲーム専用に設計された冷却システムやカスタマイズ性の高いハードウェアが特徴で、重厚なグラフィックと迫力のあるゲームプレイを実況者に提供します。

一方で、ASUS ROGシリーズは別格の存在感を放っています。

最新のGPUと高速なプロセッサーを搭載したモデルが多く、さらには4K解像度でのゲームプレイやVRにも対応するなど、技術の先端を行く製品が揃っています。

視聴者が求める高品質な映像はもちろん、その速さと快適さは実況者自身のゲーム体験をも向上させるでしょう。

さらにHPのOMENシリーズも忘れてはなりません。

このシリーズはゲーミングコミュニティで高く評価されており、その理由は強力な性能はもちろん、ユーザーが直面する可能性のある様々なシナリオにおいても、一貫した成果をもたらす耐久性にあります。

ゲーム実況というパフォーマンスは、ただ単に娯楽を提供するだけでなく、技術と創造性を組み合わせたアートフォームです。

そのため、これらのメーカーが開発するPCはただのツールではなく、創作活動を可能にするパートナーと言えるのです。

驚異的なスペックを誇りつつも、長時間のストリーミングにも堪えうる信頼性のある設計で、実況者が持つ可能性を最大限に引き出します。

使いやすさとアフターサポートに優れたモデル

ゲーム実況者にとってPCの選択は、配信の質を左右する重要な判断です。

特に操作性の高さと安心して利用できるアフターサポートは、日々のストリーミング活動において不可欠な要素と言えるでしょう。

そんな中でも、特におすすめのPCブランドとして名高いのが、ドスパラのGALLERIAやマウスコンピューターのG-Tune、パソコンショップSEVENのZEFT

これらのブランドのPCは、大量のデータや多重タスクを扱う実況者のニーズに応えるために、最高級のコンポーネントを搭載しています。

例えば、GALLERIAのモデルでは、複数のソフトウェアを同時に動かしながらも快適なパフォーマンスを実現し、なおかつカスタマイズオプションが充実しているため、実況者自身の好みに合わせて最適な環境を設定することが可能です。

一方、AlienwareのPCでは、その圧倒的なグラフィック性能と冷却システムによって、長時間にわたるゲームセッションでも安定したパフォーマンスを維持できます。

そして、これらのPCブランドの最大の魅力はアフターサポートの手厚さです。

長期保証や24時間体制のカスタマーサポートは、もしもの時にも安心を提供し、実況者が配信活動に集中するための強力なバックアップとなっています。

技術的な障害や疑問が生じた際には、専門の技術スタッフが迅速に対応を行い、ストレスフリーな実況環境を支える一助となります。

洗練されたデザイン、高いカスタマイズ性、信頼のアフターサポートを兼ね備えたこれらのPCを使用することで、ゲーム実況者は安定したパフォーマンスと視聴者にとって魅力的なコンテンツを提供し続けることができるのです。

カスタマイズ可能なゲーミングPCブランド

ゲーム実況者がその情熱を十全に発揮するためには、カスタマイズ可能なゲーミングPCブランドの選択が欠かせません。

オリジナリティ溢れる配信を目指す実況者にとって、自身のニーズに合わせたスペックや機能を備えたマシンは必須であり、特定のゲームや配信スタイルに最適化された環境がその実力を存分に引き出すことでしょう。

市場には多様なカスタマイズオプションを提供するゲーミングPCブランドが溢れていますが、中でも目立つのは、ハイエンドモデルをリーズナブルな価格で提供するブランドです。

これらのブランドは、最新のグラフィックカード、高速処理を可能にするプロセッサ、そして充実した冷却システムを搭載したマシンがラインナップされています。

ゲーム実況の世界では、映像の滑らかさが視聴者の満足度に直結するため、144Hz以上のリフレッシュレートを支えるグラフィック性能は非常に重要です。

加えて、ストリーミング中のゲームプレイを快適に保つためには高スペックなCPUと十分なメモリも必須です。

ブランドはこれらの要素を自由に組み合わせることができ、ストレージの拡張や照明のカスタマイズなど、実況者自身の個性が反映されたPCを作り出すことも可能です。

さらに、長時間の使用に耐えうる堅牢な構造や、見た目にもこだわったデザイン性の高いケースなど、実況者が過酷なゲームプレイに集中できるような工夫が施されたブランドも存在します。

こうした各種機能を搭載したカスタマイズPCは、ゲーム実況で一歩リードするための最良の選択と言えるでしょう。

おすすめする具体的なブランドには、国内外で名声を誇る〇〇や△△があり、実況者各位の求めるパフォーマンスを提供する多種多様なモデルが揃っています。

実況プレイに役立つマルチモニターの活用術

実況プレイに役立つマルチモニターの活用術

配信管理とゲームプレイのためのデュアルセットアップ

ゲーム実況において、デュアルモニターのセットアップは配信の効率と没入感の向上に寄与します。

主にゲーム画面に集中する一方で、もう一つのディスプレイを配信管理専用として活用することで、生放送におけるリアルタイムの反応をスムーズに行うことが可能になります。

例えば、右側のメインモニターで高解像度のゲームプレイを楽しみつつ、左側のサブモニターには配信ソフトウェアのコントロールパネルやチャットウィンドウを常に表示させておくことで、視聴者とのコミュニケーションを途切れることなく持続できます。

さらにゲーム実況では、多くの情報を一瞬で把握し、適切なタイミングで反応を示す必要があります。

デュアルモニターを用いることで、視覚的な情報を整理しやすくなり、瞬時に判断を下すことが容易になります。

これは特にエキスパートレベルの実況者や、イベントなどで多くの視聴者と交流しようとする際には不可欠なセットアップです。

このような環境を整えることで、配信に対する集中力を高め、ゲーム実況の魅力を最大限に引き出すことができます。

ゲーム実況用PCとして最適な構成を選ぶ際には、グラフィック処理能力だけでなく、複数のディスプレイを同時に扱うことができるような、拡張性に富んだビデオカードや出力ポートも重要なポイントになります。

このように、デュアルモニターのセットアップは実況プレイをより臨場感溢れるものにし、視聴者にとっても快適な視聴体験を提供します。

それゆえに、効率的で快適な配信環境を作り出すためにはこのセットアップの検討が欠かせません。


モニター選びのポイント サイズ、解像度、リフレッシュレート

ゲーム実況の醍醐味は、臨場感あふれるプレイを視聴者と共有することにあります。

そのため、モニター選びは実況者にとって非常に重要な決断です。

適切なサイズ選びが重要となり、一般に24インチから27インチの範囲がゲーム実況における標準とされています。

このサイズなら、多くのデスクスペースを占有することなく、ゲーム内の細部まで鮮明に捉えることが可能です。

解像度に関しては、鮮明な映像を提供する1080p(フルHD)が基本ですが、より細かな画像を求める実況者には1440pや4Kといった高解像度が推奨されます。

ただし、解像度が高くなるほど、それに見合った演算能力を備えたPCが必要になりますので、自身のPCスペックとのバランスを考慮する必要があります。

リフレッシュレートにおいては、60Hzが一般的ですが、反応速度が求められるFPSやレーシングゲームなどでは、120Hz以上の高リフレッシュレートが望まれます。

これにより滑らかな動きが実現し、細かな動きも見逃さず視聴者に伝えることができます。

実況者がこれらの要素を踏まえてモニターを選ぶことで、視聴者にとってもより高品質な視聴体験を提供することができ、実況も一層引き立ちます。

視聴者の心を掴むためにも、マルチモニターの選択には特に注意を払うべきでしょう。

姿勢と視線の快適さを考慮したモニターアームの選び方

ゲーム実況における快適な環境作りには、モニターアームの選び方が重要です。

理想的な視線の位置は、座った状態で画面の中央がやや下を向いている程度が望ましいとされています。

しかし、固定式のモニタースタンドでは、この理想的な位置に調整するのが難しい場合もあります。

そこで活用したいのが、高さや角度、距離を自在に変更できるモニターアームです。

実況プレイをする際、長時間のゲームセッションにも耐えられる姿勢で、画面を見続けなければなりません。

そのためには、モニターアームは稼働域が広く、しっかりとした作りのものを選ぶことが望ましいです。

特に重要なのは、アーム自体の安定感と移動のスムーズさです。

安定しておらず簡単に揺れてしまうようなものでは、集中力を保つことができませんし、逆に固すぎてもストレスになってしまいます。

ゲーム実況ではリアクションも重要な要素ですから、画面から目を離してしまうようなことがないよう、モニターが常に最適な位置にあることが大切です。

モニターアームを選ぶ際には、モニターの重量に対応しているか、耐久性のある材質でできているか、そして調整が自分の手元で容易に行えるかどうか、これらの点をしっかりと確認することが肝心です。

ゲーム実況用のPCにおいて、モニターアームの選び方ひとつ取っても、実況者の快適さとパフォーマンスに大きな影響を与えます。

細部にわたるこだわりが、視聴者に提供する内容の質を高め、結果として多くのフォロワーを獲得することにつながるでしょう。

長時間実況でも快適! エルゴノミクスの視点から見たゲーミングチェア

長時間実況でも快適! エルゴノミクスの視点から見たゲーミングチェア

サポート力と耐久性 トップレートゲーミングチェア

長時間にわたるゲーム実況では、プレイヤーの身体への負担は避けられません。

そこで重要となるのがエルゴノミクスを考慮したゲーミングチェアの選択です。

最先端のゲーミングチェアは、サポート力に優れ、長時間座っていても疲れにくいのが特長です。

特に、腰や背中への適切なサポートは、集中力を維持するために欠かせない要素です。

耐久性にも注目したいポイントがあります。

トップレートのゲーミングチェアは一般的なオフィスチェアとは比べ物にならないほどの強度を誇ります。

密度の高いフォームパッディング、頑丈なフレーム構造、高品質なカバー材料、そして精密な縫製は、長期間に渡って快適さとサポート力を損なわない設計となっています。

さらに、通気性に優れた素材を使用しているモデルも見逃せません。

白熱したゲームの最中も快適な座り心地を提供し、プレイヤーが全ての注意力をゲームに集中できるようサポートします。

快適性、耐久性、そしてスタイルを兼ね備えたこれらのゲーミングチェアは、長い時間をデスクの前で過ごすゲーム実況者にとって最適な選択肢と言えるでしょう。

ゲーム実況に最適なPCと並び、これらのチェアは実況者にとっての力強いパートナーです。

疲れにくい姿勢を保つためのチェアの選び方

ゲーム実況の熱中度は非常に高く、そこに夢中になりすぎれば時には長時間の座りっぱなしとなりがちです。

そんな時に重要となるのが、適切なゲーミングチェアの選択です。

快適な実況体験を提供し、体にかかる負担を軽減するためには、チェア選びが重要なポイントになります。

疲れにくい姿勢を保つためには、まずはサポート機能が充実している必要があります。

特に腰部にはしっかりとしたサポートが必要で、背もたれのカーブが自然な背骨の形状にフィットするものを選びましょう。

また、肘掛けも重要です。

高さ調整が可能な肘掛けを選ぶことで、腕の位置が自然で肩への負担が軽減されます。

座面の広さやクッションの質も見逃せません。

長時間の使用に耐えるための快適さとサポートを併せ持ち、血流を妨げない硬さが理想的です。

また、チェアの耐久性と調整機能、体型に合わせた細かなカスタマイズが可能かどうかも、長期にわたって快適に使用するための重要な要素です。

さらに、動かないチェアに長時間座り続けることは、体への負担を増加させるため、リクライニング機能やロッキング機能などを利用して、定期的に姿勢を変えることができるモデルを選択することも大切です。

これらの機能は、疲労を適度に解消するための休息を提供し、集中力の持続に貢献します。

ゲーミングチェアの選択は、最適な実況体験のためには欠かせない要素であり、プレイヤーが快適に、そして健康を保ちながら活動を続けるためにも、きちんと考慮して選ぶ必要があるのです。

プロのゲーマーが推奨するチェアの特徴とは?

長時間にわたるゲーム実況では、身体への負担を最小限に抑え、集中力を維持することが重要です。

プロのゲーマーが推奨するゲーミングチェアには、そのための工夫が凝らされています。

まず目を引くのは、適切なサポートを提供するための調節可能な機能です。

背もたれの角度調整や、アームレストの位置変更できるチェアは、ユーザー個々の体型や好みにフィットします。

これにより、腰への圧迫を減らし、肩や首への負担を軽減できるのです。

また、長時間座り続けても快適さを保つためには、素材選びも重要です。

高品質なフォームパッディングや通気性に優れたファブリックを使用したチェアは、熱がこもりにくく、皮膚呼吸を妨げません。

体温の調節をサポートする素材は、集中力を維持するためにも役立ちます。

さらに、身体の動きに合わせて柔軟に反応するチェアの機能、例えばスウィベル(旋回機能)やロッキング機能もプロが注視するポイントです。

これらの機能により、身体的な負担を配分することができ、同じ姿勢で固まってしまうことを防ぎます。

疲労の蓄積を防ぎつつ、流れるようなゲームプレイを支援することで、視聴者にとっても快適な視聴体験を提供できるのです。

エルゴノミクスを追求したゲーミングチェアは、ただの座り心地の良さを超え、ゲーム実況のクオリティを向上させるための重要な道具なのです。

プロが推奨するこれらの特徴を持つチェアを選ぶことは、長時間の配信でも最高のパフォーマンスを提供するための、決して過小評価できないステップなのです。

あわせて読みたい

究極のデスクトップゲーミングPCを求めて おすすめ機種の選定ポイント

BTOパソコンSSR

ゲームに最適なおすすめPC選び ゲーム用パソコンの初心者から上級者まで

BTOのススメ

グラフィックス重視! おすすめBTOゲーミングPCの究極選択

ゲーミングPCエックス

ゲームPCのスペック革命! あなたの選び方をアップデート

BTOパソコン リサーチ

クリエイターPC最強ガイド おすすめの選び方

BTOパソコンSSR

BTOで理想のセットアップ! おすすめカスタムパソコンガイド

ゲーミングBTOパソコン総研

最速! おすすめBTOゲーミングPCでゲーム環境を格上げ

BTOのススメ

学生からプロまで! 全分野カバーのおすすめCore i7 PC

BTOパソコン リサーチ

投資する価値あり! DTM専門家が推奨する音楽制作PCおすすめ一覧

ゲーミングPCエックス

RTX4070Ti SUPERで実現する おすすめ最新ゲーミングPC体験

BTOのススメ

3DアニメーターのためのPC選び 効率を最大化するスペックガイド

BTOパソコン リサーチ

最適解発見! パソコンカスタマイズ&注文プランニング完全版

BTOパソコンSSR

AIイラストビジネスを加速する! 効率的なおすすめPC選び方指南

ゲーミングPCエックス

大学生向けパソコントレンド2024 最新技術を備えた学生向けモデルレビュー

BTOパソコンSSR

映像制作プロフェッショナル推薦! ハイエンドパソコンの選び方

BTOのススメ

手に入れたい! 動画編集に最適なおすすめPCトップセレクション

BTOパソコン リサーチ

おすすめデスクトップゲーミングPC コアゲーマーの選び方

ゲーミングBTOパソコン総研

おすすめBTOゲーミングPC 4K、VR…最高の体験へ

BTOのススメ

ゲーム実況向け! コアゲーマーのためのおすすめPCリビュー

ゲーミングPCエックス

ハイエンドPCの真髄! おすすめの高解像度対応モデル紹介

BTOパソコンSSR

究極のVR体験 ゲーミングPC性能フル活用ガイド

BTOパソコン リサーチ

デザインからプログラミングまで! 大学生向けおすすめパソコン

ゲーミングBTOパソコン総研

出力品質を左右する! 3DCGデザイナーのPCスペックガイド

BTOパソコンSSR

信じられる性能! AIプログラッミング向けおすすめ「AI PC」紹介

BTOのススメ

レスポンス重視! ゲーム実況にピッタリなおすすめPC選定法

ゲーミングPCエックス

おすすめ最強ゲーミングPC比較 性能で選ぶならこれ!

BTOパソコン リサーチ

プログラミング用パソコン選びで後悔しない! プロが教える秘訣

BTOパソコンSSR

映像制作作業を加速するパワフルパソコンの選び方

ゲーミングPCエックス

システムエンジニア向けパソコンのエキスパート選択法 国内外から厳選

ゲーミングBTOパソコン総研

ゲーミングPC選び方の新常識 パフォーマンス別選定術

ゲーミングPCエックス

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次